H28年11月23日(月・祝) 第52回『酒友・日本酒セミナー&「逆文字ラベル」と超希少な一期一会の酒を楽しむ会』終了レポート

更新日:2015/12/10

先日11月23日(月・祝)に『逆文字ラベルの希少酒の会』を終了させて、今年『酒友・日本酒の会』は、あと12月12日(土)の『而今の全てを味わう会』を終了させて今年『酒友・日本酒の会』はあと12月12日(土)の『而今の全てを味わう会』を1つ残すだけになりました!!
正確に言うと『酒友・忘年会』も入れるとあと「2つの会」となりますが『忘年会』の方は年に一度だけ日本酒に関して一切何も話さず、ただ唄って踊って常連客同士が今年一年のしゃべり納めをして、世の中で言われる「プレミア日本酒&プレミア焼酎」をパック酒を飲む感覚でガブ飲みしながら今年の色々なフラストレーションも一緒に飲み干してしまう!!と言う所謂『酒飲みUSJ(遊園地)の会』なので、通常の会からは除きます!!

さて今回の会も「日本酒業界初の試みの会」となり、どの酒も通常の酒とはどこかが違っている造りをしている為ラベルの文字を逆にしてアピールすると言う個性ある酒質の会でした。

 

DSCF9085
しかし、参加者全員に聞いてみましたが殆どの方が「通常の世紀位ラベルとなる酒は完成度が高いから各蔵元も定番として造っているだけあって流石に通常ラベルの酒の方が安心して美味しく飲めるかな!?」という返答でした!私も「なるほど!説得ある解説ですね」と思いました。
まァ逆文字ラベル酒の通常には無い酒質もたまには良いか!という結果に落ち着きました!?
では、今回逆文字ラベルとその他の一期一会の酒を紹介しましょう!

 

DSCF9088
1、(青森)裏・陸奥 男山 超辛純米
2、(山形)裏・雅山流

 

DSCF9090
3、(宮城)裏・萩の鶴 純米吟醸 試験醸造ブレンド
4、(福島)裏・ロ万

 

DSCF9091
5、(新潟)裏・月不見の池 純米(生)原酒
6、(奈良)裏・百楽門 純米(生)原酒

 

DSCF9092
7、(佐賀)裏・天吹 生もと雄町 純米大吟醸(生)原酒
8、(佐賀)裏・鍋島 純米吟醸(生)

 

DSCF9094
9、(滋賀)笑四季・マスターピースNO7タンク エクストリーム純米大吟醸おり絡み(生)原酒
10、(青森)鳩正宗・吟醸グラッパ仕込 十年熟成

 

そして今回の「日本酒初心者セミナー」は出品酒のNO1〜10までの各々の「逆文字ラベル」となっている特別な仕込み方、ブレンドする意味、通常の仕込み配合率を変えてみた造り方、alc添加するための醸造alcを熟成させ分子レベルを小さくしてみたモノなどを1本ずつプリントにUPした用紙を全員に配って詳しく説明しました。通常の酒造工程を理解されている方、全く知らない方と色々な参加者がおられましたが、どの方々にも「ヘェ〜そういう考えで仕込まれたのだ!」というような事は皆様一応に理解され感心されていました!まだまだ「本日の出品酒」に入ってなかった他の仕込み方をした酒は他にも色々とあるのでこの会の2回目、3回目をそのうちまた開催したいと思ってますのでこれら新理論の仕込み方、考え方をした酒造りや今までにない酒質を味わってみたいと思っている「本物の日本酒ファン」の方は期待して待っていて下さいネ!!

DSCF9127

DSCF9130
「日本酒初心者セミナー」で講義する店長
勿論『酒友・日本酒の会』の看板講義である「本当の利き酒方法」を教えた後は、参加者の皆様がどれだけ利き酒方法を理解され応用できるようになったかを自己確認してもらうための「利き酒テスト」もいつものように開催しましたが、このテスト方法は私がよく参加してきた「全国利き酒大会」を縮小したモノなので、結構本物さながらの雰囲気も体験でき楽しめますよ!
(実際、毎回参加されている方の中にはこのテストで優勝するためだけに参加しているような強者もいますヨ)

DSCF9132

DSCF9133

DSCF9134

DSCF9131
さて、お酒の講義と利き酒テストで精神集中した後は、お楽しみのフルコース料理のスタートです!
利き酒テストではライバル同士となった参加者の皆様も、ここからの時間は一緒に精神集中を体験してきた「同志・仲間」として意識が高まり、より一層料理と日本酒を食べながら飲みながらに楽しい会話が弾みます!!この高揚感が「他のただ集まって料理と酒を楽しむ日本酒の会」では体験できない「酒友・日本酒の会」ならではの価値ある特徴の1つです!!

DSCF9138
ムム画面左端で「ピース」をするクマモンみたいな怪しいコヤツは誰だ!?何故目の前の美女3人組と同席しているのだ!?クマモンは熊らしく熊小屋へ入ってろ!!

DSCF9141
画面右端で「Fuck you!」をしている方は誰だ!?酒友の会大会実行委員長補佐役の森木田さん??

DSCF9139

DSCF9142

DSCF9143
普段、酒の会では参加者達の為の酒なので途中で酒を飲まない店長だが美女からのお酌には弱い!?

今回のテーマの酒(逆文字ラベルと希少な一期一会の酒)の酒質に合わせて店長が理論的に考案した「酒友式・料理と日本酒の相性理論」を駆使して考え出した「今回の料理メニュー」がこれらです!!

 

DSCF9135
1、前菜三種(粒コーンのバター醤油、もやしとコンニャクのゴマだれ和え、じゃこおろし)

DSCF9129
2、旬のお造り四種(鰤、平鯵、秋刀魚、トラウトサーモン)

DSCF9152
3、旬のサラダ(フレッシュ野菜の彩りサラダ)

DSCF9149
4、焼きソバのオムレツ風玉子包みお好み焼き仕立て

DSCF9147
5、酒肴八寸(アオサの磯風味、出し巻き、鰯の甘露煮、魚貝の天の炙り、チキンナゲットの粒マスタードマヨネーズ添え、色々魚の酒粕漬け焼き)

DSCF9159
6、野菜たっぷりのみそ汁

DSCF9158
7、秋刀魚ふりかけのおにぎり

 

それではそろそろ先程の「利き酒テスト」の結果発表で〜す!!
当店『酒友・日本酒の会』の「利き酒テスト」は全国利き酒大会の縮小版と言えど日本国内最高権威を持つ大会のDNAを持つテストなので、初参加でパッと全問優勝できる程簡単ではなく、何度となく店長の利き酒講義を開いてはテストを毎回繰り返し、やっと優勝できるテストです!今回その苦労が報われる方は誰かな〜!?
ハイッ!!全問正解者はこの方達で〜す!
DSCF9160
右の方より岡田さんともう1人は…エエッ!!なんでクマモンがここに居るのだァッ!!
つい先程「初参加でパッと優勝なんてムリですよ!」と言ったばかり。あの言葉は何だったんだ〜!
一体このクマモンは誰??このクマモンは「酒の神バッカス」か、はたまた「バカ・カス」か!?
私としては後者であって欲しいが…しょうがないから一応酒友公認・利き酒師第三級位認定証を与えますが…とさっきから私がいじっている彼は実は遥々なんと熊本県より前回より夜行バスに乗って今回より初参加してくれた高垣態絞太君です。だからこれから開催3回に1度位の割合でこの『酒友・日本酒の会』に参加してくるそうなので、今度見かけたら「クマモン君」と呼んであげて下さいネ!しかし、こやつが店長と同じ郷里「熊本県」と思うと複雑な気持ちになってしまう…
それからこのクマモン初参加で優勝したためかチョーシこいで「この会に何度も参加しながら今だに優勝できていない者へ告ぐ!!いつでもかかってこいや!!」と言ってるので今度見かけたら皆様で熊小屋のオリへ閉じ込めようぜ!!

さてさてこの「クマモン」こと高垣君は自信が住んでいる熊本県で当店「酒友ホームページ」を見つけて12月12日(土)『而今の会』へ最初「参加したい!」と電話してきてくれたのがキッカケでした。
私は「とにかく一度、当店へ来て「酒友」を見てもらってから!」と言うと本当にスグに夜行バスに乗って平日の営業の日に来てくれました!その日は営業終了のAM4:00まで話しました。最初は単なる「普通に世間で言うプレミア酒大好きっ子」かな?と思ってましたが、帰り際には私の書いた酒の専門書「日本酒と焼酎のバイブル」も購入してくれたり、次第に「本当に日本酒が好きなんだな」と分かり出しました。彼も私の日本酒に対する高い志をよく理解してくれ、今回初参加して何と12月12日(土)『而今の会』、12月20日(日)『酒友・忘年会』、来年1発目となる1月9日(土)『利き酒方法を詳しく学ぶ会』他と連続で熊本から参加してくれる事になりました!
日本酒の知識的には平均以下だが「彼は学ぼうとする聞く耳」を持っているので「酒友」で会ったら「クマモン!」と気軽に話しかけ、日本酒の事を皆様で教えてあげて下さいネ!但しあの初参加で利き酒優勝した実力はどうなのかは私もまだ「?」ではありますが…

そしてもう1人いかにも『酒友・日本酒の会』にふさわしい方がもう1人というか1組というか女性の方ですが、実はご夫婦で参加されていて今回で2回目参加となるコルディエ・ユミコさんと言う方です。
ユミコさんはあの「白瀧酒造・上善如水スパークリング」のポスターモデルをやっておられるスーパーモデルさんで、旦那さんが「コルディエ(通称コルちゃん)」と言って国際結婚されています!

DSCF9164
ユミコさんが持っている写真が下の「上善如水スパークリング」のポスターです!右が旦那のコルちゃん!

IMG_0003

IMG_0005
左の方がユミコさんです!

DSCF9163
メチャメチャ顔が小さい!!(私と比べないで下さいネ)
コルディエ&ユミコ夫妻もこれから『酒友・日本酒の会』へ度々参加して頂けるとの事で会で見かけたら声をかけてあげてネ!オッと、ついでにクマモンも見かけたら宜しくしてあげて下さい!!

『酒友・日本酒の会』は確かに「他の客集めの単なる日本酒の会」と違って、純粋に日本酒好きの方(日本酒の初心者、上級者は関係ありません!!)が、真面目に利き酒方法や日本酒のあらゆる知識を学びながらも同じ「日本酒が好き!」という共通の趣味を持方々同志が一緒に楽しくおしゃべりしたり、たまには楽しくハシャいで交流を深めていく事を主旨とした日本酒の会です。今回紹介したクマモン、コルディエ夫妻の他にも、多くの素晴らしい人格を持たれた方々が多く参加されておられますので、参加された事のない方は、とりあえず何も考えないで純粋に参加してみて下さい!
もっと楽しい「日本酒ワールド」が開けてくると思います!!

さて今年もいよいよ終わりに近づいて参りました!次回は来年(H28年)の『酒友・日本酒の会』の予定表をUPしたいと思いますので、宜しくお願いします!!


« »

TEL:06-6821-2985