H28年5月14日(土)第61回酒友・日本酒学校『獺祭(山口)西田製造部長(総杜氏)を迎えて獺祭を100%体感する会』の御案内!

更新日:2016/05/06

まず、開催にあたって言っておかなければならない事があります。桜井社長との出会いは、もう20年近くなります。

私が「酒友」を立ち上げた頃は、私の日本酒の恩師故永谷正治先生もまだ元気である時、山口県の蔵元社長らを5人程連れて来られ、その中に澄川酒造の澄川社長(現会長)と桜井社長がおられたのが最初の出会いです。

その時から「獺祭」をすでに取り扱っていtえ、桜井社長は大変喜ばれその後獺祭のホームページ内にある「獺祭が飲める店」として「大阪」の所に初めてただ一軒のみ「酒友」と名前が載ったのが当店が一番最初だったのです!(その頃はまだメイン銘柄は「旭富士」でしたが…)その後、桜井社長は来阪の際は当店「酒友」へ必ず寄ってくれるようになりました。それから「山田錦についてもっと知りたい!」と言う事で、当時「山田錦の栽培方法」を教え回っていた永谷先生と「ゆっくりとお話が聞きたい」との事で相談を受け、私が先生を車に乗せて桜井社長が待つ山口県の山奥にあった当時は本当に小さな蔵だった獺祭蔵まで連れて行った事に感謝されて、今これだけ大きく大変有名な蔵に成長しても、毎年今でも当店「酒友」で『獺祭の会』を開催して頂けるのは一重に桜井社長の「変わらぬ男気」に他ならない!!

桜井社長のご好意で実現できている会ゆえに、私も桜井社長に大変感謝の念を抱きながら、この会が単なる「客寄せパンダの会」にならぬよう、しっかりとしたコンセプトを持っていつも開催させて頂いています。
と言う事で、毎年恒例の『獺祭を迎えての蔵元交流会』は今年は獺祭の最高総杜氏に当たる西田製造部長を迎えて桜井社長では仲々聞きにくい事や、獺祭の酒の全てを知り抜いている杜氏だからこそお話して頂ける事など、色々と参加者と質疑応答をしながら獺祭の全ての酒(「磨きその先へ」から「獺祭50」そして「獺祭焼酎」まで)をゆっくりと存分に飲みながら酒質に合わせて考案した山口県の食材をふんだんに取り混ぜたフルコース料理もゆっくりと食べながら、獺祭の西田総杜氏と語り合える会に参加しませんか!?
因みに関東では「磨きその先へ」は40ml位で平均1万円もとられるそうで「遠心分離・獺祭二割三分」でも1杯5000円!でこれら2杯飲むだけで合計15,000円となる酒が、この会ではもっと多く飲める上、まだ他の高級上ランク酒が8種類も存分に飲め、その中には去年イレギュラー酒として世の中にたった14000本しか出荷されなかった今では100%飲めない「獺祭・初心」も開栓します!その上相性を合わせた特別SPコース料理も食べれてナント!参加費はたったの11,000円!!これは全国どこを探してもいち個人が開催する『獺祭の会』では、まずあり得ない参加価格です!!基本当店の常連様から普段感謝の証として募集しましたが、まだ若干お席に余裕が出来ましたので、通常の一般の方の募集を開始します。まず電話問い合わせをお願いします!!単に有名蔵だけを狙うのでなく、全国の有名無名蔵問わず本当の日本酒ファンの方の参加を特にお待ちしております。宜しく御理解下さいませ。

 

【日時】平成28年5月14日(土)PM2:30〜6:00(筆記用具持参の上2:15までに入場を)

【場所】吹田 江坂 銘酒居酒屋 酒友
(地下鉄御堂筋線「江坂」下車、東ハンズ前「フォルクス」100m、徒歩5分)
電話:06(6821)2985

【参加費】11,000円(税込)
(※酒友メンバーズの方はポイント数により特典あり!問い合わせを)


« »

TEL:06-6821-2985