H28年1月9日(土)第54回『酒友・日本酒初心者セミナー&本物の正しい「利き酒方法」を学ぶ会』

更新日:2015/12/18

H28年の記念すべき第一発目の『酒友・日本酒の会』は「日本酒ファン」と自称する方なら必ず会得しておかなければならない「日本酒の利き酒方法」を学び身に付ける日本酒の会です!

よく見掛ける光景で「我こそ日本酒ファン」と言いたげな態度で酒を飲んで「美味い、不味い」と語っている方がいますが、単に飲みさえすれば法律がなければ子供でもそんな事は言えるし分かります。それを「いかにも物知り顔」で語ってみても単に「格好悪い」だけです!
お酒を正しく分析して、その結果を正しい言葉に置き換えて表現してこそ「格好良い本物の日本酒ファン」です!そう思いませんか!?という言で全国利き酒大会・全国第4位で日本酒研究の国家機関の1つである日本醸造協会の公認日本酒講師も務める「酒友店長」が『利き酒に必要なテクニックとコツを包み隠さず全て伝授する利き酒方法を学ぶ会』を開催します!!
この「利き酒方法」は日本酒のみならず、ワイン、焼酎、ビール、ジュース、コーヒーからみそ汁に至るまで、全てのドリンク類に応用可能な利き酒方法です。経営者自身が店長として常に在中して、誰の手も借りず全て一人で企画し、自分一人で日本酒のいかなる専門的な講義が出来る店としては大阪では唯一当店「酒友」だけです!!
正しい利き酒方法を会得するには酒の色、香り、酒質の濃淡、甘味の強弱などを理解して、自分の中に「香味の基本となる物差し」を作る必要があります。
しかし、初心者の方は『色』にしても、どこらかを「濃い色」とするのか?どこからを「淡い色」とするのか?
『味の濃さ』にしても、どこからを「淡麗」とするのか?どこからを「濃醇」とするのか?など各々の「基本となる物差し」が無いため、なかなか利き酒方法を聞いてもスグには応用出来ないと思います。
そこで今回は「利き酒方法」の他に、酒質の濃、淡、甘、辛、酸味などの「基本となる物差し」も自分の鼻や舌に覚えさせる!というテーマも取り入れた会とします!!

全国にはお金で買える利き酒免許を嬉しそうに店に貼り付けているだけの「自称利き酒師」を含めて、何万人もの利き酒師がいますが、その全国の頂点トップ4に君臨する利き酒師の1人が幸運にも何と大阪江坂にある銘酒居酒屋酒友にいるのです!!その店長が開催する『利き酒方法を学ぶ会』ですヨ!!
店長のモットーは、どこかのソムリエの様に訳の分からない格好付けた変に着飾った言葉は一切排除して、1番的を射た少ない言葉で、それも子供でも分かる言葉で、時間制限のある利き酒大会でもタイムロスなく勝ち続けられる正に「実戦的利き酒方法」です!!先程も書きましたが、子供にでも分かる言葉を使用するので、いかなる日本酒初心者の方にも簡単に理解して頂けます。要はコツとテクニックだけです!!
利き酒方法を会得してみたい方は、是非この会を見逃すな!!

【日時】H28年1月9日(土)PM2:30出発〜6:00頃(2:15までに筆記用具持参で入場)

【集合場所】吹田 江坂 銘酒居酒屋「酒友」
((地下鉄御堂筋線「江坂駅」下車、東急ハンズ前「フォルクス」真後ろ100m、徒歩5分)

【参加費】6,700円(税込み)
要予約店長が電話にて 電話:06(6821)2985
(※一週間切ってからのキャンセル不可。代役を立てるなりして下さい)

【参加特典】
この1月9日(土)の会と、1月30日(土)『飲んで使用酒米が分かるか?自己にチャレンジしてみよう!の会』の両会参加の方に限り、2月20日(土)『十四代蔵元(高木社長)公認!十四代の全てを味わう会』へ最優先で参加できます。


« »

TEL:06-6821-2985