第54回酒友日本酒初心者セミナー&本当の正しい「利き酒方法」を学ぶ会・アフターレポート

更新日:2016/02/02

H28年度、初となる『酒友・日本酒の会』を1月9日(土)に開催致しました!
今回の会は「日本酒初心者セミナー」として日本酒の正しい「利き酒方法」を教えました。
この利き酒方法は日本酒のみならず、ワイン、焼酎、ビール、コーヒー、お茶等、何にでも応用適応可能な方法です!
当店の『日本酒の会』はいずれの会でも、イベントとして「利き酒大会」が組み込まれているのが特徴の会なので、「この際利き酒方法を1度徹底的に教える会を年の始めに開催しておけば、これ以降毎月最低1回は開催される『酒友日本酒の会』で全て役に立つ!」という事で、H28年1発目の会で、このようなタイトルの会を開催しました。利き酒のポイントは日本酒の香りや酒質を言葉に置き換え、尚且つどんな時でも再現性がなければならない!1番厄介な所が「再現性」である!いくら格好良い「言葉」で置き換えても再現性出来なければ意味が全く無いのである。故に置き換える言葉も、その酒を分析する時はいつでも頭に同じ言葉が浮かんでこないといけない。その同じ言葉を浮かんで来させるには、やはりテクニックとコツというものがあります。これが「利き酒方法」と言うか「利き酒手順」があるのです!!
今回の「利き酒方法を教える会」としては第1回目の会のなので、「置き換える言葉」も普段よく利き酒中に使用される頻度が多く出てくる言葉を教えようと、その様な酒質を持つ酒を10種類に絞り込んで、今回の出品酒としました。この「利き酒方法を教える会」は何回も参加して体が覚えてしますまで、折り返し訓練しないとならない為、これからも回数を増やしていこうと思っている「酒友でしか教えることが出来ない会」です!いくら手順を覚えたからといって「利き酒を教える日本酒の会を開催します!」と言っても、その人が公的な日本最高権威のある大きな利き酒大会などで常に優勝や上位入賞していなければ、人というものは誰もついて来てくれませんからネ!!
つまりそういう人を世間では「独りよがり」と言います。だからこの「本当の正しい利き酒方法を教えること」を出来るのは、大阪では「酒友」にしか開催出来ないのです!
前置きはこれくらいにしておき「酒友・日本酒の会」について年始から年末まで毎月1回〜2回のペースで開催される会のプログラム的一連の流れをお話しておきます。まず蔵元様が「造りのDNシーズン」(大体11月〜4月位まで)は蔵から出てこれない為、その間は酒友店長が1人で頑張る会が続きます。
その会は日本酒ファンの人達の為になる(特に初心者をターゲットとしてますが、蔵元さんレベルの方々が参加しても大変役に立つ内容です)日本酒に関するあるテーマを決めて、まず会の最初にそのテーマについて詳しく講義した後、その講義内容をちゃんと理解出来たかを調べるために、ブラインドによる利き酒大会へと入っていき、その後酒の銘柄を明かして、それらと相性を合わせて考案された特別料理をコース形式で提供していきながら、酒と料理の相性理論も教えながら、実際に食べて、飲んで、双方の旨味が更にUPする事なども体験して頂きながら、同じ「日本酒が好き!」という共通趣味を持つ参加者同志の横のつながりから(交遊関係)等も楽しく会話しながら構築して頂く!という大変「理に適った」楽しくも凄い日本酒会から年始はスタートし、蔵元様が「OFFシーズン」となる4月〜10月位までは蔵元の杜氏や社長に来て頂き、蔵元様との交流となります!お呼びする蔵元様は有名無名にかかわらず、酒友店長のお眼鏡にかなった実力をしっかりと持った蔵元様にお願いします!その中でもたまに開催する「有名蔵の会」は、普段から酒友を贔屓にして下さっているお客様や有名蔵の会以外の日本酒の会へより多く参加して頂いている「本物の日本酒ファンのお客様」へ対する店長からの「感謝のお返しの会」として、それらの方々から、まず優先的にメールなどで直接ご案内させて頂いてます!
つまりお客様を飽きさせない豊富な料理メニューと80種類の常に早く回転して、日々違う銘柄へと入れ替わり、きっちりと管理された充実した日本酒等のalcメニューと、日本酒等のあらゆる豊富な正しい知識を持つ専門居酒屋なので、どうせ料理を美味しく食べて、日本酒等も飲むなら「とりあえず酒友へ行こうか!」
という賢い考えを持つ方は結局もっと大きな「お得」が得られます!!
それは、有名蔵の会をメールで直接優先的にご案内させて頂く他、蔵元見学ツアーや酒造り体験ツアー、その他日本酒等のあらゆるイベント情報等もご案内させて頂きます!また、酒友メンバーズに登録(無料で!)してもらい、来店毎のポイントを集めると、お好きな日本酒等が丸ごと1本もらえちゃいます!!更に、更に毎年12月に開催される常連様しか参加できない、ありとあらゆる全国のプレミア酒等他が飲み放題、食べ放題の生演奏による大カラオケ大会で歌って踊れる『酒友・大忘年会』へも参加出来ちゃいますヨ!!
今まで「酒友」を知らなかった方でも、今からでも全然遅くありませんヨ!日本酒などの和酒に興味があり、有名蔵の酒などもちゃんとした適正価格で飲んでみたい方や、もう一歩踏み込んだ日本酒のあらゆる知識等も正しく学びたい方など、とにかくお試しで構いませんので一度来店して、そして店長とお話してみて下さい!そうすれば「本当に日本酒に熱い人(熱心な人)とはどういう人なのか?」がよく分かるし、これからも通ってみたい店なのかも、答えはスグ出ますヨ!!

さて、いよいよ本題に入っていきましょう!まず今年1発目となる『正しい利き酒方法を学ぶ会』用としてチョイスされた出品酒です!

 

IMG_0104
IMG_0105
1(栃木)富美川・雄町 純米吟醸(生)
2(福井)黒龍・ひやおろし 吟醸(生詰)

 

IMG_0106
3(山口)東洋美人・雄町 純米吟醸(生詰)
4(新潟)越乃寒梅・レギュラー版(火入)

 

IMG_0107
5(秋田)新政・酒こまち エクリユ純米(生)
6(福島)写楽・しぼりたて 純米(生)

 

IMG_0108
7(長野)オバステ正宗・純米吟醸 無濾過(生)原酒
8(岐阜)房島屋・超辛口 純米(生詰)

 

IMG_0110
9(長野)黒松仙醸・こんな夜に…愛山 純米吟醸(生)
10(愛知)菊鷹・山廃純米(生)

 

続いて1時限目の授業です。(当店の「日本酒の会」は「日本酒学校」と言って1限目〜6限目までの6つのイベントで構成されてます!)

【1時限目】(本物の正しい「利き酒方法」を学ぶ授業)
IMG_0111
IMG_0113
(公財)日本醸造協会の公認日本酒講師でもある店長が、全国新酒鑑評会等で国税庁鑑定官が採点していく同じ利き酒方法を詳細に説明していく店長

 

【2時限目】(実際に利き酒してみる授業・1回目)
IMG_0114
IMG_0115
IMG_0118
IMG_0117
店長よりレクチャーされた「利き酒方法」を応用して利き酒にチャレンジする皆様!とても真剣です。

 

【3時限目】(店長が利き酒した言葉の表現法を教える授業)
IMG_0122
店長が今回10種類の酒を利き酒して実際どのように各々の酒の香りと酒質を言葉で表現したか?を教えます。しかしイメージや感覚的な言葉も使用するので、それを教える事はとても大変です!!

 

【4時限目】(実際に利き酒してみる授業・2回目&利き酒テスト)IMG_0119
今回の出品酒10種類の店長が表現した言葉を教わった後、最初自分では表現した言葉を使用すれば分からなかった箇所を含め、もう一度利き酒にトライする参加者の皆様!
これで必ず「利き酒・1回目」の時よりも確実に利き酒能力はUPしてるハズ!?…

IMG_0123
そして『酒友・日本酒学校(日本酒の会)』必ずのお決まりの授業が「利き酒テスト」です!!
このテストで満点を取ると、酒友公認の「利き酒名人認定書」がもらえるので頑張って!

 

【5時限目】(お待ち兼ね!給食時間のスタート!!)
今回用意した10種類の出品酒各々の酒質との相性を合わせ、特別に考案された料理が以下の通りです。
いつも言ってますが、長年料理とお酒の相性を考えて飲酒していると、何となく相互関係は分かってきますが、ちゃんと「料理と日本酒との相性理論」は存在していて、それを分かり易く言葉でまとめたモノがあります!それが日本醸造協会が公認する『酒友式・料理と日本酒の相性理論』です!その理論を駆使して作りました。

IMG_0121
1、前菜三種(菜の花と鶏ささみゴマダレ和え、空豆塩茹で、金時人参と大根の紅白なます)

IMG_0124
2、旬のお造り四種(寒ぶり、とろサーモン、津軽産タラ白子、鮪)

IMG_0127
3、サラダ(木の子のフレッシュ野菜・イタリアンドレッシング)

IMG_0136
4、パスタ(しば漬けとオニオンの紫色パスタ)

IMG_0139
5、酒肴八寸(海鮮酒粕漬け焼き、フライドチキンのわさび風味タルタルソース和え、山芋荒みじん入り出し巻き、寒ブリの照り焼き、ゴボウの旨い揚げ)

IMG_0141
6、ちらし寿司

IMG_0143
7、酒粕汁
早く飲んで食べたいところをまず利き酒方法を学習して、その後ブラインドによる利き酒テストを受け、共に学んできた同志として、待ちに待った給食時間はその反動として大変楽しい「ひととき」となります!

 

IMG_0130
IMG_0131
IMG_0132
IMG_0133
IMG_0129

 

【6時限目】(利き酒テスト優勝者発表&本日のベスト3とワースト1の発表)
残念ながら本日は全問正解射はいませんでした!今回は特に『利き酒方法を教える会』だったので、今までの会史上最高人数の全問正解者続出を期待していたので、非常に残念です!
しかし、やはり利き酒とはやり方が分かったと言え、再現性が出来ないといつまで経っても利き酒能力はUPしないという事で、やはり「ローマは1日にして成らず!」で日々の訓練と体調維持です!
当店はこれからも幾度となく出品酒を変えながら参加者の皆様が利き酒能力が身に付くまで開催していきますので、今回来れなかった方は次回は何とか日程を調整して参加するよう努力して下さい。酒友は「お金で買える利き酒師免許を持つ見せかけだけの利き酒師」は輩出しません!!
以上を以て『第54回酒友・日本酒初心者セミナー&正しい利き酒方法を学ぶ日本酒の会』のアフターレポートは終了とさせて頂きます!!

さて、ここで最新情報です!!毎年恒例の『獺祭の会』が今年は5月14日(土)に正式決定しました!!
今年は桜井社長にお越し頂こうと思ってましたが、参加の皆様のリクエストに応えて、今年は獺祭の酒を造っている最高責任者である西田製造部長(総杜氏)様にお越し頂く事が決定!
獺祭の酒造りの全てを知っておられる方が、この西田さんですので、この際、桜井社長では分からないしゃべれない獺祭の酒の秘密を全て教えてもらいましょう!!また色々なマニアックな質問なら酒友店長の得意中の得意なので、この際、酒友店長にお任せして通常ではマル秘な情報なども聞き出しましょうネ!!
と言う事でまた近々このブログ上で『獺祭・西田製造部長を囲む会』の参加者募集を開始しますので、乞うご期待下さい!一応今回のブログの最初に書いた通り、まず初めは酒友をいっぱい応援してくれるお客様から直接メールで募集開始します。まだまだ先なので今からでも『酒友・日本酒の会』や平日の特に月〜水までの曜日に来店して下さるお客様は、大変感謝致しますのでひとつ宜しくお願いしますネ!!
そして2月の『酒友・日本酒の会』は、今年H27年度で丁度400周年を迎える『十四代の会』です!!
故に今年の十四代蔵元14代目高木辰五郎社長公認の唯一の『酒友「十四代の全て」を料理と共に味わい400周年を祝う会』として2月20日(土)に大開催致します!!

 

【日時】平成28年2月20日(土)PM3:00〜6:00

【場所】吹田 江坂 銘酒居酒屋 酒友
(地下鉄御堂筋線「江坂駅」下車、東急ハンズ前「フォルクス」真後ろ100m、徒歩5分)

【参加費】一般参加者 10,000円(酒友メンバーズで15ポイント以上の方は8,300円、その他の方は8,800円)

【参加条件】本物の日本酒ファン(有名蔵のブランド酒の会だけ参加する為に、調子の良いことを言って後の会は一切返事も返さない嘘つきの方ではなく、今後開催される色々な蔵元の会や、日本酒を学ぶ会などにも出来るだけ参加を希望され、日本酒の見識を広げていきたい方)なら大歓迎です!!


« »

TEL:06-6821-2985