いよいよ『27By酒造期』がスタートします!

更新日:2015/10/08

先日10月1日(火)の朝から各蔵元様より「頑張ります!」「期待して下さい!」と言う頼もしくも元気なメッセージメールがたくさん届きました!メールを送って下さった蔵元様は届いた順で、流石1番目は旭鳳(広島)土井享杜氏、黒龍(福井)水野直人社長、古伊万里(佐賀)前田悟専務、三芳菊(徳島)馬宮亮一朗杜氏、射美(岐阜)杉原慶樹杜氏、出羽桜(山形)仲野益美杜氏、原田はつもみぢ(山口)原田康宏杜氏、龍勢(広島)藤井善文社長、若波(福岡)今村友香杜氏、豊賀(長野)高沢専務、松の寿(栃木)松井宣貴杜氏、日本城(和歌山)古井さん(蔵人)、雅山流(山形)新藤雅信杜氏、花邑(奈良)橋本晃明杜氏、からでした!!
メールを送って下さったここに明記した全ての蔵元様達は今まで開催してきた、またこれから開催させて頂く蔵元様ばかりで、どのお蔵様も安定した実力のある蔵元様で、当店では勿論いつでも取り扱いしてますが、どこかで置いてあれば是非飲んでみて下さいネ!
私が認めた蔵元だからこそ、当店の『酒友・日本酒学校』(蔵元交流会)へ来て頂いた蔵元様ばかりなので、絶対にハズしはありませんので!!

まァとにかくどの蔵元様もやる気満々、自身にあふれたコメント内容で11月~12月にかけて出荷されてくる「新酒」が楽しみでたまりません!特に若波酒造(福岡)の杜氏ユカちゃんなどは「台風被害で造りのスタートが遅れる分ガンバリまっせ?!」という普段彼女が話す口調とは違った感じのメールを頂きました。また鳳凰美田(栃木)小林専務からも2周間前に「鬼怒川の氾濫により大打撃を受けましたが社員全員で泥をかき出すなどして何とか予定通り9月5日より27By造りを開始してます!」というような心強いメールも頂きました!とにかく今年は酒造期前より異常気象が全国各地で発生し、自然条件に深く関係する酒造りに多くの打撃を与えましたが、どうか全国の蔵元様、困難を乗り越え頑張って下さい!
よく「米の不作の時はスゴイ酒が造られる!」という事例が多いので、特に期待してしまいます!

私が描く「日本酒未来予想図」は蔵元が自身ある酒を造る。それを酒屋や私達業務店が蔵元とお話して確かな情報を聞き、しっかり味見してお客様が望む酒質の酒を一言添えて、その酒にまつわるイメージを与えながら提供する。ただお酒単体を飲ませて「美味しい」と言わせるのではなく、更に相性の良い料理と共に提供すること(勿論合う理由と理屈を理論的に分かり易く説明しながら)によって、もっと「美味しさが増す」という事も体験させる事により日本酒の活性を更にUPさせる!という構想です。
「日本酒の底上げ」と言って「とにかく飲めば分かる!」と言うような事だけではダメです!
単体で飲んだ時「これは私に合わない!」という酒に、合う料理を合わせて飲んでもらうと「アレ、メッチャお酒が美味しくなった!」という事を当店では当たり前に体験させています!!本当に「日本酒」ってスゴイのですよ!グローバル的にみて、料理の基本となる「旨味、コク=ペプチド、アミノ酸」などを多く持っているアルコール飲料は「日本酒」だけなのです!だから全世界どんな料理にも合わせる事が可能なのです!これは悪いが「ワイン」では不可能です!!これを誰もがスグ理解できる理論をまとめたモノが、私が日本醸造協会のセミナーで発表した「酒友式・料理と日本酒の相性理論」なのです!とにかく、この知識とテクニックこそ本当の「日本酒の底上げ」につながるモノと思っています。毎月開催する「酒友・日本酒学校 日本酒の会」で、この理論を教えていますので、経験や体験による「勘や思い込み」ではなく、誰でも分かる「正しい理論と理屈」を学びたい方は、この会へ参加してみて下さいネ!!


« »

TEL:06-6821-2985