『日本の東西の酒造組合より酒友店長へ要請が同時期に重なりました!』

更新日:2016/07/22

先日の7月9日(土)頃、東は秋田県酒造組合から、西は佐賀県酒造組合より酒友店長に対して要請が重なって入ってきました!

 

IMG_1499
秋田県酒造組合からは「10月17日秋田県まで出張して頂き、秋田酒の評価会へ参加して欲しい」と

 

IMG_1503
佐賀県酒造組合は「8月30日大阪開催の『九州日本酒を楽しむ会』へn告知して下さい」と

秋田県酒造組合からの要請は、今年の10月末頃秋田県内で開催される「秋田清酒評価会」に、関西の有力酒販店、実力ある飲食店の経営者等を招聘し、各蔵元に対し官能テイスティングして酒の酒質評価や、商品評価を行った後、面談方式により各蔵元に商品の酒質向上、商品開発、販路拡大等についての実戦的なアドバイスを行って頂く!という評価会へ参加して欲しい。というものでした。
それで7月11日(月)京都のある場所で秋田県酒造組合の事務局長、東海林さんと秋田県蔵元としてまんさくの花醸造元、日の丸酒造の佐藤社長の両名による軽い面談を受けに行ってきました!
その2日後、事務局長の東海林さんより直接連絡を招き、勿論「是非来て下さい!」と言う答えでした!
すでに日程もきまり10月17日(月)秋田市ホテルメトロポリタンにてAM9:30頃に入場して色々と準備をしてPM13:00位から10〜15蔵の酒を数十種類利き酒した後、それらのチェック内容を面談方式で報告、意見交換してPM18:00頃終了して、その後どこかの料理屋へ移動して各蔵元ら秋田酒造組合らの方々と懇親会をやるらしい。そしてそのまま一泊して翌日帰るとなる。しかし、秋田県酒造組合の粋な計らいで前日に秋田入出来るなら「お好きな蔵元を見学して頂けます!」と言って頂けたので、前日にまとめて2〜3蔵、中々「蔵見学させて頂けない蔵元」を蔵探訪させて頂こうか!と思っています。勿論これらの事は後日酒友ホームページ内ブログ「酒友醸造研究所」で詳しくUPしていきますので、乞うご期待下さいネ!!
今回、私を含め関西から招待される方々は3人らしく京都の有力酒販店、京都の実力飲食店、大阪の実力飲食店(これが「酒友」店長の私となります)から各々1人づつと言う事らしい。

 

IMG_1498

IMG_1500
これは去年の日程表で、今年の物ではありません。まぁ内容に大きな相違点は無いと思いますが…
そしてもう1つは、佐賀県酒造組合からの『8月30日第2回開催・九州の日本酒を楽しむ会』への告知応援要請で、これの内容についてはもう書いてある事そのままですネ!7月9日(土)に当店「酒友」ポストへ大きな茶封筒が入ってまして、封を切ってみると下記の物が入ってました。

 

IMG_1504
8月30日の会についてのチラシ送付と告知のご協力のお願い用紙

 

IMG_1505
チラシ裏面が「参加申し込み書FAX用紙」となっています。
と言う事で「告知ご協力を!」と佐賀県酒造協会より要請されたので、ここでCMしておきますネ!

 

◎『第2回九州の日本酒を楽しむ会』
【日時】平成28年8月30日(火)

・第一部 九州の地酒利き酒大会
PM13:30〜16:30 会費無料(予約不要)
小売 卸 酒販店、飲食店、マスコミ関係者が対象!
受け付けにて名刺を提示して頂きます。必ず名刺を持参して下さい。

・第二部 九州の日本酒を楽しむ会
PM19:00〜21:00(※定員250名、事前申し込みして下さい)
参加の30蔵元が自慢の酒をふるまうブースを構え、ヒルトン大阪の料理と共に楽しんで頂く立食形式の日本酒パーティーです。
参加者全員に日本酒(300ml)をプレゼント!

【場所】ヒルトン大阪 桜山華の間
【参加費】5,000円(税込)(第二部のみ)
【申し込み方法と詳細】
とにかく吹田江坂「酒友」に行って「参加申し込みFAX用紙」をもらって下さい!
「酒友」電話番号:06(6821)2985
(※詳細は「酒友」まで)

※特に「酒友おすすめ蔵元」は(福岡)若波、(佐賀)七田、古伊万里・前、東鶴、光武、宗政
(大分)ちえびじん、西の関、鷹来屋、(熊本)華の香

※そして(福岡)若波は今月7月30日(土)当店「酒友」で『若波・今村友香杜氏を囲む会』を開催しますので、この会に先に参加して友香杜氏(蔵元次女の超可愛い日本酒界のアイドル女性杜氏)に顔を覚えてもらうと「8月30日ヒルトンホテルでの九州の酒の会」では、すでに顔見知りになっているゆえ他の人達より優越感が持てますヨ!!
(『7月30日(土)江坂酒友開催、若波酒造・今村友香杜氏を囲む会』参加者募集!)

今回、東西の各酒造組合より同時期に「要請」が届いた事には驚きましたが、一体どういった経緯で当店「酒友」を知ったかは分かりません。まァ両酒造組合に直接の知り合いは居ませんが、両地方(秋田、佐賀)には多くのよく知った仲良い蔵元が多いので、それらの蔵元様からの紹介だとは思いますが、酒造組合や大きいちゃんとした組織に紹介するにあたっては「本当に日本酒についてあらゆる正しく深い知識を持つ本物の日本酒専門店」でなければ紹介は出来ないハズです!!「発行部数を上げる為や、根底では利権の絡んだ有名な雑誌などに載っている店」が「本物の良い日本酒専門店」とは限らない事を皆様も理解して、こういう点に注意してみると「本物の店」というものが見えてくるハズです!!


« »

TEL:06-6821-2985